Windows 「クラムシェルモード」ノートパソコンを閉じても外部モニターに画面出力する

Macユーザーなら知っているクラムシェルモード。
クラムシェルモードとは「MacBook Air/Proのディスプレイを閉じた状態で、外部ディスプレイに映像・音声出力できる機能」で、MacBook AirやProをデスクトップパソコンのように使える機能です。

ビジネスで使われる利用されているパソコンにはWindowsが搭載されているものが多いと思います。テレワークが普及したこともあり、会社のノートパソコンを使って仕事する人も多かと思いますが、ノートパソコンのモニターではなく、大きな23インチであったり27インチ以上外部モニターに画面を映して業務を行うとこともあるのではないでしょうか?
Macと同様に、WindowsのノートPCも、ディスプレイを閉じてしまっても、外部モニターに画面を出力できる「クラムシェルモード」がつかえたらいいのになあ、と思っている人いませんでしょうか?
Windowsのノートパソコン画面をギリギリで開いて、画面が消えないようにして、外部モニターにノートパソコンの画面を出力して作業などしてませんでしょうか?

Windowsノートパソコンでも画面を閉じても外部モニターに画面を出力可能

Windowsノートパソコンでも画面を閉じても外部モニターに画面を出力可能なクラムシェルモードは実は利用可能なのです。
ご存知したでしょうか?
すこし設定を変更するだけですぐに使えます。

Windowsノートパソコンのクラムシェルモードを利用できるようにする設定

クラムシェルモードを使えるようにするには、以下の手順を実行してください。

コントロールパネル> ハードウェアとサウンド > 電源オプション> カバーを閉じたときの動作>どちらも「何もしない」を選択し変更を保存。
たったこれだけです。


コントロールパネルを開いて、ハードウェアとサウンドを選択します。


「電源オプション」を選択します。

「カバーを閉じた時の動作の選択」を開きます


「電源に接続」時の設定を「何もしない」に変更します。これでWindows PCをクラムシェル運用するための設定は完了です。

こちらの設定後、外部モニターと接続してみてください。
ノートパソコンの画面を閉じた状態でも、外部モニターにノートパソコンの画面が表示されます。

クラムシェルモードは、モニターを閉じてもディスプレイがオンの状態で使えるモードのことです。クラムシェルモードを使用する場合は、ディスプレイがオンのままであるため、バッテリーの消耗が早くなることがあります。長時間使用する場合はバッテリーの充電は必須です。

クラムシェルモードのメリット

クラムシェルモードができると以下のようなメリットがあります。

大画面を使えるため作業の効率が上がる

ノートパソコンはデスクトップパソコンと比較すると画面サイズが小さいため、作業をする際には不自由さがある場合があります。クラムシェルモードで大画面の外付けディスプレイをつかえるようになると、同時に複数のアプリを表示し、作業ができるため効率が上がります。

デスクが広くつかえるようになる

ノートパソコンはおもいのほか面積が広いためデスクの上を専有してしまうため、デスクの上で他の作業ができにくくなります。クラムシェルモードでは、パソコンを閉じて外部ディスプレイの下に置いたり、専用スタンドに縦置きで置いたりして使うことができるため、デスクの上の作業スペースを確保することが可能です。

クラムシェルモードのデメリット

ノートパソコンが熱を持ちやすい

デスクトップパソコンのように使えて便利なクラムシェルモードですが、ノートパソコンの画面を閉じたまま使っている状態で、機種によっては熱を持ちやすくなります。
熱くなるのは故障のもととなるので注意が必要です。

ノートPCの操作が必要となる場面がある

ノートパソコンの電源のオン、オフ、カメラをつかったミーティングなどクラムシェルモードでは対応できないところはあるため、少し手間があります。

ノートパソコンをおしゃれに立てかけられるスタンド


ノートパソコンをデスク上におしゃれに設置できるのが、縦置きタイプの「ノートパソコンスタンド」です。クラムシェルモードで使用する際、ときにも便利です。


サンワダイレクト 200-STN060
¥3,280
ノートPCスタンド 2台収納 クラムシェル 縦置き 幅1.4cm~3.2cmまで調節
ノートパソコンやiPad、タブレットなど、最大2台の機器を立てて収納できるスタンドです。ノートパソコンを外部ディスプレイなどに接続した状態で縦置きすることが可能です。

続きは以下で

テーブルをスッキリ整頓 タブレット・ノートパソコン用縦置きスタンド

コメントを残す