光コラボって何?光コラボの メリット・デメリット・選び方を解説

光回線を契約を検討する場合いろんな情報を目にする機会があるとおもいます。ネットでプロバイダーのサイトをみても、当たり前のように光コラボって書かれてませんか?
光コラボだったり、フレッツ光だったり、知ってないといきなり意味不明な言葉ではないでしょうか?今回は光コラボが利用者にメリットやデメリットがあるのかをまとめていきたいと思います。

光コラボとは

光コラボは光コラボレーションの略で、NTT東日本とNTT西日本が、プロバイダーや携帯キャリアなどの事業者に対して光回線の卸販売を行うサービスモデル「光コラボレーションモデル」のことです。NTT東日本かNTT西日本の光回線の光回線と独自のサービスをあわせてユーザーに販売している状況が光コラボです。
従来までNTTは自社の光回線を「フレッツ光」として代理店を通して販売し、プロバイダはプロバイダサービスだけをおこなていました。
利用者としては光回線申込む場合は、光回線プロバイダーという2社申込みしなければならなかったのですが、光コラボができるようになったことで、光コラボ提供会社1社と契約するだけでプロバイダ+光回線をまとめて契約ができるようになりました。

2社契約1社契約
1.プロバイダー
2.光回線
光コラボ(プロバイダー+光回線)

光コラボのメリット

光コラボ事業者の独自のサービスが受けられる

光コラボ事業者はプロバイダー、携帯キャリア、ケーブルテレビなどさまざまな業者が存在します。携帯の通信料金とセットで割引をうけられるなど組み合わせたサービスでの割引が受けられるようになりました。

申込、問い合わせ、請求が一本化

光回線、プロバイダーをまとめて申込み光回線が利用できるようになり、申込み手続きが簡略化されました。また、回線が遅い場合これまではプロバイダーなのか光回線なのかわからないことがありましたが、光コラボの場合は問い合わせが一つの会社にすることで対応してもらえるようになりました。請求も同様でまとめてくるので、管理しやすくなりました。

光コラボのデメリット

1社で提供になってしまったことで、他社の光コラボに乗り換える際に、プロバイダーの解約金などが発生する場合があります。

光コラボによって変わったこと

光コラボ事業者を利用することで、申込み・問い合わせ・請求といった事務的な部分は一本化され楽になりました。セットで割引なども受けられるようになりました。
しかしながら、回線速度など機能面に関してはほとんど変更はありません。回線速度は光コラボを提供する会社は自社で回線を持っているわけではなく、NTTの光回線を使用しているので、回線の速度や品質をコントロールできないため、ほとんど変更はありません。iPhoneをアップルから買い取って、レンタルとしてお客様に提供した場合、アップルでないとiPhoneの品質をコントロールできないのと同じで、回線速度はフレッツ光と比べて大きく変わることは有りません。料金も光コラボ事業者がもっているサービスをセットで申込むと料金の割引がうけられたりしますが、光回線に関する料金には、大きな変化はありません。

光コラボを選んでいる限り、料金面や速度面で変更はほとんどありません。回線速度を改善したいと場合は、KDDIのauひかりとか、So-netのNURO光という独自の回線をもつ事業者に乗り換えるなどしなければ、回線速度が基本的にかわることはありません。

光コラボの選び方

光コラボたくさんありますが、回線はNTTをつかっており、速度には大きな差はなく、料金も光コラボ単体ではどこも同じです。
選び方の基準は、利用しているスマホの通信とセットすることで割引が受けられるといった、セット価格の割引がポイントになるとおもいます。
また、光回線は、一度契約すると長く利用するケースがほとんどですので、最初に受けられるキャッシュバックだけをみるのではなく、利用期間を想定しトータルでどれぐらいの価格になるのかを計算するといいとおもいます。た解約についても確認しておくといいとおもいます。解約金がかからないサービスもあり、急な引っ越しなどになった場合も安心です。

光コラボの選び方の基準まとめ

  1. セットで受けられる割引が自分に沿ったものを選ぶ
  2. キャッシュバックだけでなく、利用期間のトータルの価格を把握する
  3. 解約金が無料のものをできるだけ選ぶ

この3点で考えるといいのではないかと思います。

コメントを残す