NHKプラス 追加料金なしで「NHK総合」と「Eテレ」が今すぐ観られる 使い方

NHKプラスをご存知でしょうか?
2020年03月01日から始まったNHKの同時配信・見逃し番組配信サービスで、スマホやタブレットやパソコンでいつでもNHKの番組が観ることが可能です。今回は、自分もよく使うNHKプラスについてまとめていきます。

NHKプラスとは

『NHKプラス』は地上波で放送中のNHKの番組を、インターネットで観られる配信サービスです。2020年3月1日に試験運用が始まり、2020年4月1日より本格的な運用を開始されました。スマホやタブレットのアプリを使って視聴する方法と、パソコンなどからインターネットブラウザで視聴することが可能です。
放送中の「NHK総合」と「Eテレ」を観るだけなら、会員登録などはしなくても視聴することが可能です。

追加料金なし

NHKプラスはNHKの受信料金に追加で支払う必要はなく、視聴することが可能です。
NHKプラスは「受信料を財源とした放送を補完するサービス」となっているため、受信料金に追加されるなどはありません。

登録すると過去1週間分の番組の見逃し再生が可能

利用登録をすることで、過去1週間分の番組の見逃し再生が可能になります。ID登録は無料です。
放送時間に合わせて見なくても、録画していなくても、いつでも好きなタイミングで観られるのは非常に便利です。
個人的な事になりますが、子供が「おかあさんといっしょ」と「コレナンデ商会」が好きなので、好きなタイミングでスマホやタブレットで「おかあさんといっしょ」や「コレナンデ商会」を再生できるので助かっています。
ちなみに、ひとつのID登録があれば、最大5画面での同時再生が可能です。スマホやタブレットなどで、家族全員がそれぞれ、好きなNHKの番組を見ること出来ると思います。
NHKプラスを使いたいと思っている方はID登録をおすすめします。

NHKプラスの注意点

権利の都合で配信されない番組がある

NHKプラスは地上波ではなく、ネットでの配信のため、地上波での放送とは別に、出演者などからインターネット配信の許可を得る必要があり、許可の取れていない番組は、『NHKプラス』で視聴することはできません。配信ができない番組の放送中は、「現在放送中の番組は配信しておりません」という専用の映像が流れます。

海外ではNHKプラス利用不可

『NHKプラス』は日本国内限定のサービスとなっています。海外からは利用することができません。
ただし海外からの場合はVPN使えば利用できるでしょう。
VPNとは VPNが役立つのはどんな時?メリット・デメリット

地上波の放送より遅延

インターネットの配信となるためNHKプラスに限ったことではないですが、テレビの放送より30秒程度遅れて配信されます。

「NHKプラス」の「NHKオンデマンド」の違い

「NHKオンデマンド」はNHKの新旧の動画が配信されているサービスで、番組の単品購入できたり、月額990円を支払うことで、配信されているべての番組が見放題になります。
「NHKプラス」は現在放送中含め過去1週間分の番組を追加料金なしで観られるサービスで、見れる番組の数、過去のアーカイブを見れないなど有料に比べると劣る点はたたあります。

NHKプラスNHKオンデマンド
料金無料月額990円(税込)
対象チャンネルNHK総合
Eテレ
NHK総合
Eテレ
BS1
BSプレミアム
番組数放送中+過去1週間分新旧約7,000本
放送形態同時配信+見逃し配信オンデマンド配信

NHKプラスはおすすめ

『NHKプラス』があれば、現在放送中の番組をスマホやタブレットやパソコンからもみることができます。ID登録すれば、1週間分の番組を視聴可能になります。
2020年9月26日のニュースでは、「NHKプラス」の利用登録申請が100万件を突破したそうです。
受信料を以外には何もNHKに支払う必要もなく、NHKプラスは視聴できるので、おすすめのサービスです。

NHK プラス

コメントを残す