ホテル宿泊権利の売買ができる「Cansell(キャンセル)」

「Cansell」は、⾏けなくなったホテルや旅館などの宿泊施設予約をユーザー間で売買できるサービスです。急に予定が⼊ったり、子供が熱をだしてしまったり、など宿泊予約をキャンセルしなければ行けない場合というはすくなからずあります。そして、その場合は宿泊先には通常はキャンセル料が発⽣します。
「Cansell」はキャンセル料を⽀払うはずだった宿泊予約をそのホテルや旅館に泊まりたい⼈に販売・譲渡できる仕組みです。とてもニッチだけど、確実にニーズがありそうなサービスだとおもいました。

ただ、コンサート等のイベントチケットとは高額転売が横行して、人気の宿泊施設もどうように高額転売目的でCANSELLを利用されているのではないかと気になったのですが、Cansellのポリシーとしてキャンセル料に困った方を助けることを目的としているため、予約した値段よりも高い値段では売られることのないように制限されているそうです。

すごく誠実なサービスです。

「Cansell」の3つの特徴

参考:Cansell

出品される宿泊予約は審査性

出品される宿泊予約は必ず、Cansellのスタッフが掲載前に審査をしており、本当に予約されているのか、内容に間違いがないかなど、しっかりと予約内容の精査を行っているそうです。

高額転売はNG

前述に記載しているように、予約した値段よりも高い値段では売られることのないように制限があります。

面倒な手続きはすべてCansellが対応

売買が成立後の名義変更手続きなどはすべてCansellがお客様に変わり手続きを行います。

Cansellを使うメリット

宿泊する人

予約された料金よりも確実に安く宿泊できる権利が手に入ります。
なかなか取れない宿泊施設にも宿泊できるチャンスがあります。
高級ホテルでも70%~80%OFFの料金で泊まれることもあります。

宿泊権利販売する人

宿泊する権利を販売できることでキャンセル料金を削減できます。

宿泊施設にとって

キャンセルポリシーは基本的に利用者にとっては知って予約するものの、利用もしないのに料金を支払うようなことをさせられるとロイヤリティが下がってしまいますが、Cancellが入ることでその部分の利用者の心情を和らげることにもなると思います。

Cansellを使うデメリット

デメリットというようなことはあまりありませんが、必ずしも止まりたい宿泊先が宿泊したい日に予約がとれるわけではありません。そもそもレアなケースであるキャンセル予約だけを取りか使っているため、どのタイミングでどこの施設に予約できるかは不明です。

Cancellは宿泊予約サイトではなく、キャンセルをする人の権利を宿泊したい人に譲渡するためのサービスなので、この点は勘違いしてはいけません。

ホテルや旅館の予約にキャンセル料が発生するタイミング

キャンセル料がいつから発生するかはホテルや旅館などによって異なりますが、大体は宿泊予定の前日~1週間前ぐらい発生するのが基本のキャンセルポリシーのところが多くなっています。

Cansellに上がってくる情報もキャンセル料金が発生する時期の予約のものが多くなります。

魅力的なサービス Cansell

個人旅行をして、旅先で宿泊先をきめるようなニーズってかなりあるとおもいます。
個人的には海外旅行も国内旅行も行きと帰りだけは宿泊予約し、間の宿泊は現地でさがすということをしていました。1泊10万円のホテルがその日の予約で1万円で出品されているようなケースはCansellには可能性として十分あります。2020年9月現在は新型コロナウイルスの回線拡大防止などから国内の旅行も軽々しくできなかったり、海外旅行ができるのはもう少し先になると思いますが、旅行がまた一般的になってきたら、とても魅力的なサービスになるのではないかと思います。

キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell(キャンセル)」

旅行には宿泊施設も大切ですがモバイルWiFiがあると便利なります。
旅行先ではSNSを使ったり調べ物をしたり、通常よりデータ通信を行います。
モバイルWIFIがあると家族や仲間のデータ容量をシェアできて、ギガ不足など木にする必要はありません。
旅行するならWiFiレンタルはいかがでしょうか?
旅行で役立つWiFiレンタル

コメントを残す