白ロム?赤ロム?って何、中古iPhoneやスマホを格安SIMで使うための注意 おすすめ中古スマホショップ

格安SIMに切り替える、スマホを2台持ちにして仕事用として使うなどの用途として中古スマホを買うということもあると思います。中古と言っても使われてないスマホもあれば、使い込まれたジャンク品もあります。今回は中古のスマホを買うときに出てくる用語を解説します。

中古のスマホの赤ロム、白ロムとは何か?

格安SIMを契約して中古スマホを使おうと考えている人も多いと思います。個人的ではありますが、私も母親が数年前スマホに買える時、中古iPhoneを買って格安SIMを契約しました。中古のiPhoneはネットで購入したのですが、その際に、「赤ロム」、「白ロム」という見慣れない言葉もあり困惑した経験があります。

白ロムとは

白ロムというのは「SIMカードを抜いた状態のスマホ本体」のことです。通常スマートフォンにはSIMカードが装着されていて持ち主の契約者情報が記録されているので、そのまま他人に売ったり譲ったりすることはできません。SIMカードを取り外し誰でも使える状態にしたスマートフォンのことを白ロムといいます。
白ロム=中古スマホ」と解釈しておくと良いとおもいます。

赤ロムとは

赤ロムは中古のスマートフォンというころは同じくSIMカードが取り外され、電話番号を持たない状態にはなっています。しかしながら、携帯電話会社によって「ネットワーク利用制限」というものがかけられている状態のスマートフォンを指します。ネットワーク利用制限がかけられている状態では、新しくSIMカードを装着しても、携帯電話回線を使った通話やデータ通信、キャリアメールといったサービスが利用できません。
赤ロム状態のスマートフォンというのは、利用されていた方が「本体代金の不払いや滞納」だっため、携帯電話会社から通信の利用に制限をかけられていたり、また、盗難にあったスマートフォンが不正な手段で取得された場合にもネットワーク制限がかかりっているスマートフォンです。
中古屋さんで格安で販売されていますが、通信をするために使うのであれば、赤ロムの場合は購入するのを控えましょう

白ロムとはSIMカードを抜いた中古スマホ・・・買って使える
赤ロムはネットワーク利用制限がかかった中古スマホ・・・買っても使えない。 

中古品の用語

ついでになりますが、未使用品と新古品という言葉も見られますが、大まかな解釈としては未使用の状態の商品を表します。ざっくりですが以下のような解釈になるとおもいます。

未使用品使ってない商品を販売者が直接売る場合
新古品未使用品を業者が買い取って販売する場合

中古スマホメリット・デメリット

白ロムの中古スマホは安く買えるのが魅力ですが使えるのかどうかが気になりますね。中古スマホのメリットデメリットをまとめたいと思います。

中古スマホのメリット

とにかく価格が安い

新品と比べたら、格安で購入できます。やすいので「2台持ち」ということも可能となります。
また、掘り出し物というか未使用や新古品という状態のもの安く購入できる場合があります。
iPhoneも未使用や新古品というのが多数あります。

中古スマホのデメリット

バッテリーが弱っている

未使用品や新古品であれば、大丈夫ですが、白ロムの中古となるとすでに利用されているので、バッテリーが弱って消耗が激しい場合もあります。実際購入してみないとわからないので、注意する点です。

保障

中古のスマホになると故障の場合の対応をしてもらない場合がほとんどになるとおもいます。購入してから数日の間であれば中古屋さんが保証してくれたりもしますので、注意が必要な点です。

毎日使うスマホなので、中古であっても価格にとらわれず、未使用や新古などある程度状態がいいものを選ぶようにしましょう。

中古スマホを買うときにに注意すること

白ロムである中古スマホを購入しても格安SIMでつかえないということになるといけません。
SIMカードと中古スマホの相性の問題もあります。注意しなれならない点としては以下のことがあります。

利用するSIMカードに合わせた中古スマホを選ぶ

中古スマホはNTTドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー・SIMロック解除という分類がされます。
それぞれの分類でつかえる格安SIMをまとめると以下のようになります。

ドコモの中古スマホドコモ回線の格安SIMだけ利用可能
auの中古スマホau回線の格安SIMだけ利用可能
SoftBankの中古スマホSoftBank回線だけ格安SIMが利用可能
中古スマホを購入する際には「使う予定の格安SIMの回線」と「販売した携帯電話会社」を一致させたほうが無難です。
SIMフリー・SIMロック解除の中古スマホ

SIMロックというは特定の携帯電話の回線でしか通信が出来ないようになっている状態です。
SIMフリーはロックがかけられてない状態で、SIMロック解除はその字の通り、ロックが解除されているので、どこの携帯電話の会社の回線でもりようになっています。

SIMフリー・SIMロック解除の中古スマホは、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天でも利用可能です。

個人からは買わないようにしましょう

中古スマホショップなどでは白ロムなのか赤ロムなのかを調べてから販売しますが、メルカリやヤフオクなど個人から購入できるようにもなっており、数多くのスマホがうられています。販売する人の知識がそれほど高くないと、白ロムだと思って購入したものが赤ロムであったというケースもあります。
購入のトラブルを防ぐためには、信頼できる中古スマホショップから購入するようにしましょう。
もし個人から購入する場合は事前に赤ロムではないかチェックしましょう。

赤ロムになっていないかをチェックする方法

スマホ本体の「IMEI」と呼ばれる個体識別番号を調べてください。
IMEIで以下のサイトでネットワーク制限がかかってないか調べることが可能です。

中古携帯ショップやネットオークションで売られている中古スマホにはIMEIが表示されています。
IMEIがわからない端末は購入しないほうがいいでしょう。

中古スマホを買うのにおすすめショップ

イオシス

イオシスは実店舗もあり、詳しい人も多く、オンラインの情報も充実しており安心できる中古スマホショップです。
イオシス

じゃんぱら

じゃんぱらも数多く実店舗があり、オンラインショップでは、購入する前に、商品の情報についてのやり取りをしてからの購入になるので中古の状態などを効くことも出来ます。
じゃんぱら

コメントを残す