日本の通信料金は世界と比べて高いの安いの?総務省が国際比較調査の結果を公開 2020

2020年6月30日に総務省が世界6都市の通信料金を比較した「電気通信サービスに係る内外価格差調査」の令和元年度調査結果を発表しました。東京で利用しているスマートフォンの通信料金をを世界6都市の中で比較しています。
総務省は、スマートフォンの料金などの電気通信サービス料金に関わる状況を適切に把握する目的で、毎年、国内と海外の外価格差について調査を行っています。

スマホの料金比較


東京は2GBの場合2,758円で3位、5Gの場合は3,858円で2位、20GBの場合は6877円で1位となっています。
キャリアとサブブランドのプランは容量が増えると価格が一番高くなっているのが現状のようです。

ニューヨークはどのプランも同じというのが、価格が固定なのでしょうか?

価格の数位も2018年に一度さがりますが、2019年にまた上がっています。
各キャリアがいろいろなプランを作りそれが効果を総じて、料金が上がっているのだと思います。

MVNO料金比較


個人的に一番きになったところでMVNOの価格になります。それぞれの都市と比べもですが、
日本国内に置いてもMVNOの価格が上記のキャリアとあまり大差の無い価格帯になっているところです。
通信の品質やサポートはMVNOはMNOとは比較にならないとおもいますし、データプランの価格はMVNOの方が圧倒的に安いと思いますが
MVNOの格安SIMを使っている人も、大容量プランなどを使っている人が多いことを表しているのかもしれません。

電気通信サービスに係る内外価格差調査2020

調査対象

 東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ソウルの6都市における、携帯電話、FTTH、固定電話の各サービスについて調査。

調査方法

 携帯電話、FTTH、固定電話の料金を公開情報等により収集し、月額料金等1及びモデル料金により比較。

より詳しいデータは総務省のWEBサイトで公開されております。
総務省

コメントを残す