Spotify、無料ユーザー向けに制限緩和 PC/タブレットでは時間制限無し視聴可能に!

世界最大級の音楽ストリーミングサービスであるSpotifyですが利用されている方も多いと思います。このSpotifyですが無料ユーザー向けに制限が大きく緩和されました。

Spotify

Spotify は、世界中のアーティストによる 4,000 万曲以上の音楽やポッドキャストを楽しめるストリーミングサービス
音楽再生などの基本的機能は無料です。

Spotify FreeSpotify Premium
月額無料980円(税込)
広告が挿入スマートフォン以外では広告が挿入なし
主な機能シャッフル再生
歌詞閲覧
プレイリスト作成
ラジオ視聴
オンデマンド再生
歌詞閲覧
プレイリスト作成
ラジオ視聴
作品数5,000万曲以上
利用可能端末パソコン/スマートフォン/タブレット/TV/ゲーム機

モバイル版以外の15時間/月の再生制限を撤廃

無料プランはモバイル版がプレイリストのシャッフル再生のみに対応で、パソコンとタブレット、対応のゲーム機などでは好きな音楽を選べるものの15時間/月の制限がありました。
今回のアップデートでこの15時間/月の制限が撤廃され、スマートフォン以外では広告が挿入されるものの好きな音楽を好きなだけ聞けるようになります。
モバイル端末は、従来どおりシャッフル再生で楽曲を楽しめる。
また、メッセージアプリやSNSでSpotifyの楽曲をシェアされた際に、その曲を24時間に1回までオンデマンドで再生できようにもなりました。24時間以内に2回以上の再生をしようとした場合は、これまで同様“その楽曲を含むRadioをシャッフル再生する”オプションを提案されるようになっています。

いままで海外版のSpotifyでは15時間/月の制限がない地域もありましたが今回のアップデートで改善され、無料プランでも使いやすくなりました。
OCNモバイルONEのようにSpotifyをはじめとした音楽配信サービスの利用がカウントフリーになるSIMもありますので、今後ますます身近な存在で利用できることでしょう。

Spotifyの1時間あたりのデータ通信量

各音質の大まかな通信量で1時間あたりに必要な通信容量は以下の通りになります。

1時間の通信量
低音質(24kbps)約10MB
標準音質(96kbps)約43MB
高音質(160kbps)約72MB
最高音質(320kbps)144MB

1日に1時間利用する場合、無料の場合は高音質で72MB程度、有料プランの場合は最高音質で144MBです。
動画などに比べるとかなり小さくなります。

Spotifyのデータ通信容量を節約する方法などはこちらにまとめています。

Spotifyを1時間利用した場合のデータ通信量はどれくらい? データ通信の節約方法も解説

ありがとうSpotify

最近はテレワークなどで自宅で仕事する機会も増えた人も多いとおもいます。自分もその一人ですが、SpotifyでBGMをかけて仕事をしているのですが、無料プランだったので、パソコンで月間15時間以上のSpotifyで音楽を聞くことができませんでした。といっても、15時間もつかったことは1度しかありませんでしたが。しかし制限がかかることをしっていたので、Spotifyを利用することを心理的に控えていたことは否めません。
今回のアップグレードで解消されるので、個人的にはとてもありがたいニュースでした。
音楽はスマートスピーカーを使うと便利で、おすすめです。
Google Next Mini スマートスピーカー with Alexaなど比較的リーズナブルな価格で利用できるスマートスピーカーも発売されているので、試してみると良いと思います。

コメントを残す