ワイヤレス充電 QiやMagSafeって互換性あるの?ワイヤレス充電を使うメリットとデメリット

AndroidとiPhoneのスマートフォンにはワイヤレス充電機能が搭載されています。iPhone 12シリーズには「MagSafe」という機能が搭載され今後ワイヤレス充電のニーズもふえてくるとおもいます。このワイヤレス充電について基本的な仕組みや規格、ワイヤレス充電を利用するメリットなどについて解説します。

ワイヤレス充電とは

ワイヤレス充電は、”電力伝送”をワイヤレス”で行うということです。
電力伝送方式には「電磁誘導方式」「磁界共振方式」「電波受信方式」「電界結合方式」などがあります。
現在のワイヤレス充電器に採用されている多くは「電磁誘導方式」となっています。
「電磁誘導方式」は、給電側のコイルに電流を流すと磁束が生じ、受電側のコイルへ電流が流れるというものです。

ワイヤレス充電の規格Qi

ワイヤレス充電規格を策定している組織や団体は世界中にいくつかありますが、スマートフォンなどワイヤレス充電するための充電器はWPC(Wireless Power Consortium ワイヤレスパワーコンソーシアム)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格Qi(チー)規格に対応しています。
読み方は「チー」です。
知り合いが間違えて「キー」と言い続けています。指摘していません。今度あったら直っているか楽しみです。

iPhone 12シリーズに搭載されている「MagSafe」

MagSafe充電器は、「Qi」規格に準拠する既存の充電器と互換性があり最大15Wの充電が可能です。マグネットを内蔵しており、iPhone 12シリーズの背面につけられることが可能となっています。

Qi規格とMagSafeは異なる

MagSafeはApple公式のワイヤレス充電パッドで、最大15W出力での充電が可能です。これまでiPhoneが対応するワイヤレス充電のQi規格は最大7.5Wだったため、最大15WのMagSafeでは倍速で充電が可能です。Qi規格と互換性はありますが、QiとMagSafeは異なります。
MagSafeはAppleが独自に開発した磁石を使って正しい位置にデバイスを置くことができるワイヤレス充電パッドです。
iPhone 12シリーズ用のMagSafe充電器はiPhone 8以降やAirPods用のワイヤレス充電ケースなどの機器とも磁石では張り付かないものの互換性を持つとされています。

ワイヤレス充電のメリット

置くだけで充電できる

ワイヤレスなので充電端子のキャップを開けて充電器を差すという手間が必要ありません。ワイヤレス充電器の上に端末を置くだけで充電ができます。

ケーブルいらずでスッキリ

画像のようにスマホ、イヤホン、時計など機器ごとコンセントに差す必要があります、テーブルの上などゴチャゴチャになりがちですが、ワイヤレス充電器を使うとケーブルがいらないのでスッキリします。持ち運び用の充電器が必要な場合は、ワイヤレス充電器にしておくと、かばんの中がケーブルでごちゃごちゃしません。

ワイヤレス充電のデメリット

充電速度が遅い

電磁誘導により非接触で電力を伝達する仕組みのため、有線タイプと比べて充電速度の遅くなります。

充電速ができない場合もある

ワイヤレス充電非対応のデバイスは充電できません。
ワイヤレス充電をする場合、正しい位置にセットしないとうまく充電できないこともあります。
スマホケースが分厚いとスマホケースを装着したままの状態での充電はできない場合もあります。

デメリットである充電時間ですが、最近では急速充電機能の「Quick Charge」に対応したワイヤレス充電器も販売されています。
「Quick Charge」機能を備えたワイヤレス充電を使用すればより高速な充電が可能になります。もちろん充電する側のスマホなどデバイス側もQuick Chargeに対応している必要があります。

スマホケースが邪魔で充電が遅いまたは充電できない

スマートフォンの場合でスマホケースをつけている場合、スマホケースが充電の邪魔になり、充電時間がかかったり、充電出来ない場合もあります。

ワイヤレス充電器のタイプ

パッドタイプ

ワイヤレス充電器の上の置くタイプです。
固定の場所に設置しておくと、スマホなどの置き場所として定着させられます。

スタンドタイプ

ディスプレイするタイプです。
個人的ですがスタンドタイプのワイヤレス充電器を選ぶならケーブルがあってもいいかなと思います。

マウントタイプ

車やバイク、自転車などに設置するタイプですね。
最近Uber Earsの配達の人がこのタイプ充電器とポケットWIFIを使っていると言ってました。
荷物の配達で自電車の乗り降りにスマホを持ち歩き、配達中はマップをみたりしてずっと使っているので便利だそうです。

モバイルバッテリータイプ

持ち運びする人にはケーブルいらずで便利です。

MagSafe充電器

Apple12シリーズ向けのMagSafe対応の充電器です。iPhone 12用のシリコーンケース/クリアケースはMagSafe対応で、ケースを付けたままでもMagSafeによる充電は可能。

ワイヤレス充電の選び方

家庭に設置する場合はパッドタイプのワイヤレス充電がおすすめです。
自転車や車で充電したい方には、マウントタイプのワイヤレス充電。
Apple12シリーズの方はMagSafe充電器という用途や機能にあったものを選ぶことをおすすめします。

最後に

弊社はレンタルWifiのサービスをしております。
数年前まではポケットWIFIはバッテリーの持ちが悪くて、無料で充電器をつけたりしていましたが、最近のWIFIルーターはバッテリーが改善して充電器も必要なくなってきました。
最近は、持ち運びするものが、スマホだけじゃなく、イヤホンや、アップルウォッチなどなってくると。ワイヤレス充電器もレンタルとしてニーズもあるのかもしれないなと記事を書きながらおもいました。もし、ワイヤレス充電器もWIFIと一緒にレンタルしたいというご要望などあればメールください。よろしくおねがいします。