パソコンのデータを完全に抹消 無料ソフトとパソコン処分サービス パソコンのデータを消去しよう

パソコンを買い換える場合に必須なこととして、データをバックアップをとり、パソコンに保存されている不要なデータを削除してしまうことが求められると思います。
HDDやSSDといったストレージのデータは単に削除しただけでは、簡単に復元できてしまうことをご存知でしょうか?
データを消しても復元できてしまうと、情報流出などの被害に遭う場合があるので注意が必要です。
パソコンのストレージのデータを完全に消去するにはいくつかの方法がありますが、データ抹消専用のソフトを使うやり方がもっとも楽な方法だとおもいます。

ハードディスクのデータを完全に消去するには

ハードディスクのデータを復元できないよう「完全消去」をおこなうための方法はいくつかあります。。

物理的にハードディスクを破壊する

パソコンからHDDを取り出し、物理的に破壊する方法です。原始的ですが、ディスクが二度と読み込めなくなるため確実なデータ消去が可能です。ただしプラッターを完全に破壊できないと、復元され情報が漏れる可能性もあります。
時間と手間がかかります。

強力な磁気を当ててハードディスクの内部を破壊する

HDDのデータ保存や読み込みがされる部分である「記憶演算子」に、非常に強い磁気を当てることで内部を破壊する方法です。
個人ではできないので、業者に頼み対応してもらうということがこの方法になります。

データ消去ソフトで消去する

データを消去する専用のソフトでハードディスクのデータを完全消去する方法です。
データ消去するソフトには無料のものもあり、個人が行うには一番やりやす方法だと思います。
データ消去ソフトでは、ハードディスクが上に無意味なデータで上書きすることで、元のデータを読み取れなくする方法となっています。

パソコンのデータを削除できるおすすめの無料ソフト

個人が簡単にパソコン上のデータを消去する方法として無料のソフトがありますので、紹介します。

ディスク消去ユーティリティ

USB外付けHDDやUSBメモリ、SDメモリカード等をWindows上からドライブ丸ごと完全消去できるソフト。インストール不要で利用できます。消去は物理ドライブ単位で行う仕組みで、消去したいドライブと消去方式を選んで[消去]ボタンを押すと確認ダイアログが表示され、そこで示されたキーワードを入力すると消去が開始される。消去方式はゼロを書き込む方式とランダムなデータを書き込む方式、またランダムな書き込みを2回した後でゼロを書き込む「米国家安全保障局(NSA)推奨方式」を選択可能。
ディスク消去ユーティリティ

WipeDisk

指定したハードディスクやUSBドライブ内に書き込まれている全てのデータを一切復元できないように消去してくれます。インストール不要。データの上書き方法は、高速処理が可能な1回上書きから超強力なグートマン方式まで14種類もの異なる方式から選択が可能となっています。
WipeDisk

BitKiller

不要になったファイルはごみ箱に捨てて削除しますが、普通に削除するだけでは復元ソフトによってデータが復元されてしまう可能性があります。
BitKillerを利用すれば、1回上書き(0データで上書き / ランダムデータで上書き)、3回上書き・7回上書き(米国国防総省方式DoD 5220.22M 方式)、35回上書き(Gutmann 方式)の全5種類の削除方法から選択して削除、データをディスクから復元不可能な状態に抹消できます。
BitKiller

仕事で使うようなパソコンのデータ消去は業者にお願いしましょう

公的機関や企業が使用しているパソコンの中には、多くの個人機密情報が詰まっています。
住所や氏名、連絡先、企業名など、重要な情報がかなりあります。パソコン上のデータをゴミ箱に入れて消去してもデスクトップから見えない内部には、まだデータが保管されたままの状態になっています。ハードディスクが壊れたり壊したりしても、データを復元してしまうことができます。
無料ソフトで削除したとしても、忘れてしまうファイルなどもあるかもしれません。
仕事でつかっているようなパソコンのデータ消化に関しては、専門業者に依頼しておくのが安心だと思います。
パソコンを買い替えたりする際にデータ消去が必要になるかとおもいますが、
無料でリサイクルしてくれたり、データ消去も行ってくれるサービスもありますので、そのようなサービスを利用するのもいいと思います。

Renet

国認定のパソコンの処分を行ってくれるサービスです。データ消去を自分で行う場合は、専用ソフトをくれるそうです。
パソコンファーム

パソコンファーム

無料でパソコンのリサイクルと、データ消去も行ってくれるサービスです。
パソコンファーム

コメントを残す