格安SIMってどうして格安で提供できるの? 格安SIMのメリット・デメリット

通信プランが格安のサービスをテレビCMでも目にする機会も多くなってきました。家電量販店に行くと格安SIMの特設カウンターを設置されていたり、格安SIMという存在も知っている人も多いと思います。
そもそもなんで格安に提供できているのかご存知でしょうか?

格安SIMとは

「SIMカード」を使った低価格なインターネット通信や通話サービスです。
MVNO(仮想移動体通信事業者)はドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルから回線や帯域を大量に買って、個人や企業に合わせた通信プランをつくって提供する会社です。
ドコモ、au、ソフトバンクよりも安くインターネットの通信や音声通話機能が利用できるため、「格安SIM」と呼ばれています。

格安SIMが格安で通信を提供できる理由

通信インフラを持っていない

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルはインターネットの回線をつなぐために、自費でアンテナや基地局を立て通信設備に投資をしています。そのコストが、携帯の通信料に載せられています。格安スマホを提供するMVNOは大手通信キャリアに回線を借りることによって、自社で通信設備のインフラを整える必要がないため、通信費を安く提供できるようになっています。

実店舗を持たない

家電量販店や店舗の一部で格安SIMを販売しているところはありますが、ほとんどのMVNOは実店舗を構えず、インターネットでの申込みやサポートを行なっています。
大手キャリアに比べると、店舗の家賃や光熱費、販管費、人件費などのコストが少ないため、通信費を抑えることが出来ています。

通信の最適化

MVNOは回線や帯域を大手キャリアから大量に仕入れたり契約をすることで、ボリュームディスカウントされることになります。
また、MVNOは、契約者数に応じて必要な分だけ回線を借りて、効率的に通信を最適化することで運用しています。
通信の無題を減らす設計になっていることも、安さの秘訣となっています。
大手キャリアはインフラとしての役割もあり、無駄だったとしても、災害時などでも機能する通信を考えておく必要があるため最適化できる限度があります。

格安SIMのメリット

とにかく安い

大手キャリアと比べれば一目瞭然ですが、とにかく安いです。

プランが豊富


参考:AEON Mobileの料金プラン
言葉で説明するより図を見たら分かると思います。
少ないデータ通信で済む方から大容量が必要な方まで細かくプランが別れています。
通信の最適化をしているMVNOだから実現できる豊富なプランです。

オプション充実

利用データ容量に応じて金額が上がるプランであったり、特定のアプリを利用した場合のデータ通信量はカウントしないカウントフリーなど
MVNOによって特徴はちがいますが、独自のサービスがあります。

契約期間が短い

2年しばり、3年しばりという長い期間の縛りは少なく。データ通信専用プランなら翌月には解約できるなど契約期間が短いのもメリットです。

格安SIMのデメリット

通信速度が遅い

大手キャリアに比べると、速度はどうしても遅くなります。
例えるなら、大手キャリアは通信は高速道路で適切な数の車が走るようになっているため、常に高速で快適な通信ができます。
一方MVNOの格安SIMは道路の一部を借り切っている状態で、そこにたくさんの人が同時に通信を始めると、お盆やお正月のような渋滞を起こして通信も遅くなります。
スピードテストを行うと一目瞭然です。ですが、格安SIMでスマートフォンを使っている場合はそれほど気になるほどの速度の低下は感じないと思います。
インターネット回線速度はどれぐらいがいいのかについてはこちらにまとめておりますので御覧ください。
インターネット回線速度の目安ってどれぐらい?

サポート

MVNOの格安SIMは基本的には通信契約をするだけですので、大手キャリアのような端末やスマホ操作についてまでサポートしてくれるところはほとんどないでしょう。
大手キャリアのように実店舗があるとトラブル時に相談ができたりするので助かります。

最後に

格安SIMがなぜ安く価格で提供できるのか、またメリット・デメリットについてまとめていきました。
我々ライトポケットもMVNOで大手キャリアと契約して特別なプランをつくってモバイルWi-Fiに入れてWi-Fiレンタルをサービスを行なっております。
よければ御覧ください。

コメントを残す