WiMAX 5GはWiMAX2+から何がが変わったのか?違いについて解説

2021年4月よりWiMAXの新サービス「WiMAX 5G」がサービスを開始しました。「5G」を利用した下り最大2.7Gbpsという高速通信に加え、WiMAX2+から容量制限が3日で10GBだったのが、制限がないような大幅な緩和されるなどサービスの質がかわってきています。
5G通信自体はまだ4GやWimax2+のように幅広いエリアでできるわけではないため、5G通信の恩恵に預かれる人は一部になるかとおもいますが、それでもWiMAX 5Gはメリットがふえました。
今回は、WiMAX 5GはWiMAX2+と比べてどのような違いがあるのか、まとめたいと思います。

WiMAX 5Gについて


WiMAX 5Gは次世代通信規格「5G」に対応した新しいプランで、従来のWiMAX 2+/au 4G LTE回線に加えて、auの5G回線を利用した通信ができます。
WiMAX 5Gを使うには、5Gに対応した専用端末が必須になるほか、5Gの通信エリア内であることが条件になりますが。この5Gが使える環境は少ないですが、5Gで通信ができる場合は、以下のような恩恵があります。

高速・大容量通信が可能

5Gは4G回線と比べると理論値になりますが、約20倍の速度での通信が可能なため、アプリや動画のダウンロードなどこれまでよりも格段に早くなります。

信頼性が高い超低遅延通信

ネット上で操作を行ってから実際にモノが反応するまで時間がかかることがありますが、これを遅延と言います。この遅延速度が4Gでは10ミリ秒だったのに対し、5Gでは1/10の1ミリ秒程度まで短縮されているため、動画などすぐに読み込み再生することが可能です。ただし、現実的には、動画配信する側のサービスの環境も関わるため、現状ではあまり動画配信が劇的にかわるわけではありませんが、今後、現地にいなくてもライブなどをVRで遅延なく体験できたりなど、離れた場所にいながら遅延のストレスなくあらゆるコンテンツが体験できるようになります。

多数同時接続

5Gでは多くの端末や機器が同時にインターネットに接続するため、その負荷に耐えられるよう100万デバイス/平方キロメートルを実現。4Gの10万/平方キロメートルと比べると約10倍の同時接続が可能となっています。
現状は密になることは推奨されませんが、ライブ会場や花火大会など、多くの人が集まる場所だとなかなかスマホが繋がらないとった経験がある方もいらっしゃる方もおおいかとおもいますが、5Gになるとそのようなことがかなり緩和されています。

WiMAX 5GとWiMAX 2+の違い

WiMAX 5GはWiMAX2+に5G通信とデータ制限の緩和などが追加された新サービスです。
WiMAX 5Gは「ギガ放題プラスS」
従来のWiMAX 2+で通信できるサービスは「ギガ放題」と呼ばれています。
まとめると以下の通りになります。

WiMAX 5G WiMAX 2+
プラン名 ギガ放題プラスS ギガ放題
提供開始日 2021年4月 2019年10月
通信回線 (スタンダードモード)
1.7GHz/Band3(au 4G回線)
2.0GHz/Band1(au 4G回線)
2.5GHz/Band41(WiMAX回線)
3.7GHz/N78(au 5G)
2.5GHz/Band41(WiMAX回線)
契約期間 縛りなし 2年
月額料金 ~25ヶ月4,268円
26ヶ月~4,818円
速度制限 スタンダードモード:特になし
プラスエリアモード:30GB /月
3日10GB
対応回線 5G, WiMAX 2+, au 4GLTE WiMAX 2+, au 4GLTE
オプション プラスエリアモード ハイスピードプラスエリアモード
初期手数料 3,300円

違いまとめると以下の3つ。

1. 5G回線に対応

WiMAX 5GはWiMAX2+に加えて5Gの回線に対応しており、理論値になりますが、下り最大速度が2.2Gbps、上り最大速度が183Mbpsの高速通信が可能となっています。ただし、5Gでつながるエリアはまだかなり限定的といえるので、この恩恵を受けられる人は現場はおおくないとおもいます。

2. 速度制限がない

WiMAXのギガ放題はこれまで3日で10GBまで使用すると速度制限が入る状況でした。
ギガ放題プラスSではスタンダードモードではほぼ速度制限にはならない状況です。また、プラスエリアモードを使った場合も月に30GBまでは高速通信可能です。

3. 繋がる場所が大幅に増えた

WiMAX 2+のときは、「屋内では繋がりにくい」という状況でした、それは、対応する周波数帯が限れれており、電波が入りにくい状況だったからです。
WiMAX +5GはWiMAX 2+回線に比べると屋内でも繋がりやすい特性を持ったauのメイン回線が「標準で」使うことが出来るようになりました。
今まで繋がらなかった場所にも届く電波を掴むことができるようになったのです。速度面よりもこちらの影響がもっとも大きいのではないかと個人的におもいます。

4. つながらないエリアをカバーするプラスエリアモードが月間30GBまで

従来のWiMAX2+では、「ハイスピードプラスエリアモード」という名称で、auの4G LTE回線を月間7GBまで使うことができましたす。ただし、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超過してしまうと、通常のWiMAX 2+回線までもが月末まで速度制限になるという点がありました。
WiMAX 5Gの「ギガ放題プラスS」の「プラスエリアモード」では、月間最大容量が30GBまで増え、そして30GBを超過してしまっても、速度制限の対処は「プラスエリアモード」で通信するau回線のみが制限対象となり、スタンダードモードでは通常通り制限なく利用することが可能です。
プラスエリアモードの使用はプロバイダによっては1,100円の追加料金がかかります。

WiMAX 5Gがおすすめな人は?

WiMAXの「ギガ放題プラスS」プランでは、速度制限が3日10GBから制限がなくなりました。「プラスエリアモード」で利用できるau回線の使用量も月間30GBまで利用できます。
5Gのエリアはまだ限定的ですが、これから間違いなくつながるエリアが拡大してきます。

データ通信容量を増やしたい
高速の5Gを使ってみたい

といった方に向いているプランだと言えると思います。

WiMAXの速度制限

WiMAXの速度制限がかかるデータ通信量について

WiMAX 5G WiMAX 2+
プラン名 ギガ放題プラスS ギガ放題
直近3日間 特になし* 10GB以上
制限時間 18時頃~翌2時頃
制限後の最大通信速度 概ね1Mbp

*スタンダードモードではよほどのことがない限り速度制限はないようです。

au回線で同じプランがでるといいのに

WiMAX 5Gは魅力的なプランです。速度も早く、データ容量も多く、速度制限も数時間ですむので、理想的なWiFiサービスだと思います。
プラスエリアモード(au回線)の周波数帯を使った同じ価格帯のWIFIルーターのプランにになればいいのになあと思います。

コメントを残す