総務省が携帯料金値下げへ向けたアクションプラン公表 格安SIMが更に安くなりそう

2020年10月27日 総務省は、携帯電話事業者の競争を促し利用料金の引き下げを図るアクションプランを公表しました。
会見した武田良太総務相は「すでに様々な格安サービスは提供されていたが、乗り換え阻害要因で公正な事業者選択が阻害されていた」と指摘し、「携帯事業者を乗り換えることでペナルティを課されない状況とすることで、国際的な水準の料金を実現する」と強調しています。

アクションプランの3つの柱

  1. 分かりやすく、納得感のある料金・サービスの実現
  2. 事業者間の公正な競争の促進
  3. 事業者間乗り換えの円滑化

「分かりやすく、納得感のある料金・サービスを実現する」

料金プランの変更や契約先を乗り換える手続きなどをわかりやすく解説する専用のホームページを年内に設けることを挙げています。
販売店が、端末価格に上乗せする手数料を「頭金」と表示するなどわかりにくい説明をしていないか、ほかの販売店では同じ端末でも価格が異なる場合があると周知しているか、なども確認するとしています。

「事業者間の公正な競争を促進する」

競争を通じて多様で魅力的なサービスを生み出すとしています。

格安スマホ会社が大手携帯電話会社に支払うデータ接続料を今年度から3年間で半分程度まで下げるほか、音声通話の回線を借りる料金についてもさらなる引き下げに向けて検証するとしています。

「事業者間の乗り換えを円滑化する」

これまで以上に契約先の会社の乗り換えをしやすくするとしています。

eSIMを普及

契約者の情報を書き込むSIMカードの機能を端末に内蔵させた「eSIM」の普及に向けて来年の夏までに指針を策定されます。

キャリアメール

キャリアメールと呼ばれる携帯電話会社のドメインのメールアドレスを乗り換え後もそのまま使えるようにする仕組みを検討するなどとしています。

通信会社乗り換えは2021年4月からネットでは無料に

乗り換える際の手数料は、2021年4月からネットで手続きすれば無料になります。

すでに格安SIMは安い

総務省が働きかけをする以前に格安SIMを使えば料金はかなり安いです。
店舗をもっているキャリアが強い理由としては、通信端末を利用する人のリテラシーも理由としてあるのではないかと思います。
今後、キャリア、サブブランドも多少料金が下がりますが、安く利用したいのであれば、MVNOの格安SIMを利用すればいいので。
今回のアクションプランによって、MVNOにも恩恵があり、格安SIMを利用する人はさらに料金が下がる可能性がでてきました。
リテラシーが高い人は、自分に最適なプランを選び更に料金を下げることが出来、そうでない人は、キャリアにちょっと安くなった通信費をしばらくは払い続けるような気がします。

コメントを残す